好印象を与える婚活サイト・マッチングアプリ用写真の撮り方・選び方

シェアする


婚活サイトや恋活アプリ、マッチングアプリを利用する際、必ず登録することになるプロフィール写真。人は見た目が9割と言われるように、プロフィール写真の印象をいかに高めるかが、結果にダイレクトに影響してきます。

今回は、50を超える婚活サイト、恋活アプリ、出会いアプリを試してきた管理人が、試行錯誤の中で培った、印象を最大限に高めてワンランク上の異性と出会えるプロフィール写真の撮り方・使い方を伝授したいと思います。

好印象を与える写真の撮り方・選び方

顔色が良く写っている写真

写真は、できるだけ晴れた日の屋外で撮るようにしましょう。太陽光は最も多彩な光の成分をもっており、肌の色を忠実に反射してくれます。
夜に撮った写真や、屋内で蛍光灯の下で撮った写真は、実際よりも顔色が悪く写ってしまうことが多いので避けるようにしましょう。

スーツで決めた写真

友人の結婚式にスーツで参加した時に撮った写真などは、婚活サイトのプロフィール写真には最適でしょう。髪型もいつもより気合を入れてセットしているでしょうし、スーツ姿の男性は3割かっこよく見えるものです。もし将来的に結婚するとなった時に、参加してくれる友人がいるということも暗に伝える効果もあります。
ただし、センスの悪いホストっぽいスーツやトンガリ靴は逆効果となるので避けましょう。

メガネを取った写真

もしあなたが普段メガネをかけているのであれば、思い切ってメガネを外して写真を撮ってみましょう。メガネ男子が好きな女性も多いですが、一方で、メガネは根暗なイメージや、堅い性格のように見えてしまう傾向があります。もしそのようなイメージを持たれる自覚があるのであれば、写真を撮るときや女性と会うときだけでもコンタクトレンズにしてみることをおすすめします。

不安を取り除く写真の撮り方・選び方

全身がわかるようにする

よっぽど太っているなどということがなければ、顔がよくわかるバストアップ写真のほかに、全身の雰囲気がわかる写真を複数組合わせて登録するようにしましょう。こうすることで、
「もしかしたら思っているより太っているのかも・・・」などという不要な不安を与えずに済みます。

笑っている写真

笑わない人、堅い人といった不要なイメージを与えないためにも、笑っている写真を載せましょう。
歯並びや口元に自信のない方がやりがちな口元を隠すようなポーズや、歯を見せないように笑うことは、コンプレックスを持った暗い印象を与えるので避けましょう。

友人と撮った写真

数人の仲の良い友人と撮った写真を掲載しておけば、最低限の社交性はあるということをアピールできます。ただし、友人の顔は映らないように適切にトリミングするようにしましょう。

ライバルと差別化できる写真の撮り方・選び方

旅行中の写真

旅行中の写真を載せておくことで、アクティブな印象や、旅行に行けるだけの金銭的余裕を感じさせることができます。

趣味の写真

テニスやスノボーといったさわやかなスポーツ、旅行やカメラといったアクティブな印象を与える趣味の写真を載せましょう。また狙っている女性との共通の趣味をプロフィール写真でアピールすれば、強力な差別化ポイントとなります。

一眼カメラで撮った写真

当然ですが、写真の画質が高いほうが印象が良くなります。一眼カメラを使って、ポートレート写真で使われる中望遠レンズで撮った写真であれば、スマホのカメラで撮るよりも歪みが少なく、かっこ良い写真になるでしょう。ただし、モデルや芸能人ばりに気合いを入れて撮影することは不自然なので避けましょう。

避けるべきNG写真

証明写真や免許証の写真

証明写真や免許証の写真を載せてしまうことは、写真を撮ってもらう機会がない=友達がいないというネガティブなイメージにつながります。

自撮り写真

自撮り写真は、ナルシストのイメージがあり敬遠されます。

プリクラやSNOW

プリクラやSNOWで撮った写真は加工されている疑惑が残るので避けましょう。

女性と撮った写真

当然ですが隣に女性が映り込んでしまっている写真も、不要な誤解を与えてしまいますので避けましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、婚活サイトやマッチングアプリ用に、印象を最大限に高めてワンランク
上の異性と出会うためのプロフィール写真の撮り方・使い方をご紹介しました。

婚活サイトやマッチングアプリでは、プロフィール写真は、最も重要な情報と言っても過言ではありません。
好印象を与える写真を選ぶのと同時に、不要な不安を抱かせないように、なるべく多くの写真を掲載して、
ライバルと差別化できる写真を忘れずに登録するようにしましょう。

シェアする

フォローする