付き合う前におすすめなデートの場所は?連絡先交換から付き合うまでの王道テクニック

シェアする

連絡先をGETできたら

合コンや街コン、マッチングアプリでタイプの女性と連絡先を交換できたあなた。
ぜひ付き合いたい!と思っているのなら、
正しいメールのやりとり、正しいデートの方法、正しい告白の仕方を学んで、
せっかくのチャンスを逃さないようにしましょう。

 
この記事では、連絡先を交換してから付き合うまでに実践してほしい、
女性と付き合うための王道テクニック
をお教えします。

初動が肝心!その日のうちに初デートの約束をする

合コンや街コンの場合

合コンや街コンで女性と知り合った場合は、連絡先を交換したその日のうちに
初デートの約束を取り付ける
ようにしましょう。

すでに面と向かって会話をしているはずなので、遠慮する必要はありません。
この初動が早さが、そのまま本気度として相手に伝わるので、
今後の成否に影響する非常に重要なポイントです。

具体的には、

「今日はありがとう!〇〇ちゃんが話してたお店、今度の休みに一緒に行こうよ!」

といった感じで、あくまでも気軽に誘うようにしましょう。
   
連絡先を交換する前の会話の時点で、気になっているお店や話題のスポット、
趣味などを聞き出しておく
と、それをきっかけにして誘いやすいですし、成功率も高くなります。

マッチングアプリの場合

マッチングアプリ上で知り合った女性の場合、
すでにアプリ上で十分会話をしている場合もあれば、
十分会話をしていないうちからLINEやメールなどの連絡先をGETできる場合もあるでしょう。

ここは見極めが肝心です。マッチングアプリユーザーの女性には、

じれったいアプリ上の会話よりも、
どんな人なのか確認するためとりあえず一度会ってみたいというタイプと、

チャットやLINEでじっくり会話をしてから会ってみたいというタイプがいます。

前者はサバサバした性格の女性に多く、後者はまじめな性格の女性に多い傾向がありますので、
チャットやLINEでのノリや、プロフィールの内容からどちらのタイプなのか見極めて対応しましょう。

判断を間違って、前者のタイプの女性にいつまでもダラダラと会話を続けてしまうと、
面倒くさがられて返信がなくなってしまいますし、
後者のタイプの女性に焦って会う約束を取ろうとすると警戒されてしまいます。

初デートでの王道テクニック

初デートの場所は、短時間&じっくり会話ができる場所

初デートの場所は、相手の女性が気になっている場所があればそこを第一候補として提案
するのが成功率が高い方法ですが、
特にない場合は、短時間で、かつじっくり会話ができる場所を選びましょう。

具体的には、おしゃれなカフェでランチを食べるのがオススメです。
カフェのように短時間でデートが終わることがわかっていれば、
OKを出すハードルが下がりますし、
お互い緊張をほぐし、打ち解けるにはじっくり話ができなければいけません。

デートでは定番の映画館は、会話ができずいつまでも打ち解けられずに
気まずい時間が続いてしまうので、初デートの場所としてはNGです。

お酒が好きな女性であれば、夜の時間を指定して、話題の居酒屋を予約してもOKです。
初デートに夜の時間を指定すると、ヤリ目なのかと疑われる可能性もありますが、
お酒好きな女性であれば、その心配よりも楽しいかどうかを重視してくれるので大丈夫です。
   

2つめのスポットを用意しておく

初デートでカフェでランチをしたあとは、その後の女性の予定を聞いて、
もし予定がなければ続けて次のスポットにでかけるようにしましょう。

初デートで2箇所もスポットを回れるということは、2人の相性は悪くないということです。
2箇所めにオススメなスポットは、気分転換になる公園での散歩です。
ですのでランチの場所は、公園の近くを選びましょう。
   
いきなり行くのはNGな映画館も、ある程度打ち解けた後であれば良い選択肢となるでしょう。

付き合うまでのデートテクニック

1〜2ヶ月のうちに3回デートする

初デートを無事に終えたら、その日のうちにお礼の連絡と、次の約束を取り付けるようにしましょう。
これをしないということは、相手の女性にデートが楽しくなかったと言っているようなものです。

なるべく2週間に1回、遅くても3週間に1回のペースでデートを続けるようにしましょう。
これ以上デート期間を伸ばすと、初デートの感動も冷めてしまいますし、
相手の女性はあなたの気持ちに疑念が沸いてしまいます。

2回目のデートでは、
会話中心というよりも動物のかわいい姿を見ながら距離を縮めることができる、
水族館や動物園といったスポットがオススメです。
   

付き合うまでの連絡は3日に一度のペースに抑える

他の男に取られないか不安だからといって、
付き合ってもいない段階から恋人同士のように毎日連絡をしてしまうと、
女性は返信することを負担に感じてしまいます。
   
次のデートの約束が取れている状況であれば、
メールはデートの内容相談など必要最低限にとどめるようにしましょう。

3回めのデートで告白する

告白するタイミングは、3回目のデートの終盤というのが定番です。
あまりにも定番なので、女性はいやでも意識してしまいますし、
期待している状態で告白が無かったら逆にがっかりしてしまいます。

女性が3回もデートをOKしたということは、
もう付き合っても良いと考えています
から、勇気を出して告白しましょう。

3回目のデートの場所は、遊園地や綺麗な夜景が見えるスポットで、
ロマンチックな雰囲気を演出するのがオススメです。

告白の言葉はシンプルに、「好きです。付き合ってください!」でOKです。
告白の言葉に凝るよりも、それまでのプロセスを大切にしましょう。

ここまでくれば、あなたの彼女のいない辛い日々も終わりを迎え、
楽しい毎日が待っていることでしょう。

心理的ハードルを下げる

ここまでのテクニックに共通するポイントは、
女性の心理的ハードルをいかに下げるかということです。

初デートに誘うときは、いかに友達と遊びにいくように気軽に誘えるか。
デートを続けても良いと思えるよう、いかに好意を行動に表して疑念を払拭するか。
そして女性の負担にならないよう、いかに自分の感情を抑えられるか。

といったことが大切な心構えになります。

まとめ

いかがでしたか(^^)
連絡先交換から付き合うまでの王道テクニックとは、

「その日のうちに初デートの約束をする」
「初デートは、カフェや居酒屋など短時間&じっくり会話ができる場所を選ぶ」
「2回目のデートは水族館や動物園」
「3回目のデートでロマンチックな雰囲気で告白する」
でした。

シェアする

フォローする