10歳年下の女性と付き合う方法!若い女性にモテる男性の包容力とは

シェアする

若い女性は年上男性が大好きです。そして、男性も若い女性が大好きです。

20歳の女子大生が30代のサラリーマンと付き合っている、40代の男性が20代後半のOLと付き合っている、なんてことはザラにあります。

あまりにも年齢差があると、周囲の目が痛くなりがちですが、利害関係が一致しているのですから、男性はなるべく若い女性と付き合うようにしましょう。(あくまでも成人した女性との交際の話です)

ところで、若い女性が年上の男性を好きな理由として、
「包容力がある」ということがよく言われます。

いったいこの包容力とは何なのでしょうか。
この記事では、若い女性が年上の男性に求める包容力とは、具体的にどういうものなのかについてお話します。

若い女性が求める包容力とは

感情の起伏が少ない

男性もある程度歳を重ねれば、つまらないことで怒ったり、騒いだりといったことが少なくなります。このことは、相手の女性にとって日々の安心感に直結しますよね。

女性は、自分がとった言動に対して、男性がどのような反応をするか内心びくびくしています。これは絶対に怒られると覚悟しているような場面で、逆に笑顔で優しい言葉をかけてくれる年上の男性。
女性はこのギャップに気持ちよさを覚え、そんな年上彼氏は女性にとって最高の癒やしの存在となるのです。

女性と対等にならない

女性の悩み事を聞いていると、なぜそんなことで悩んでいるのか驚くことってありますよね。
自分ならこうする、もっと効率的にできると感じてイライラすることもあるでしょう。

しかし、年下の若い女性がどんな理由で悩んでいたとしても、
それは自分よりも未熟なんだから仕方ないなと思えるものです。

同年代の女性に対しては、対等の立場で正論をぶつけてしまうような場面でも、
年下の女性には、自然と女性の心情を第一に考え思いやりのある言葉をかけてあげられるのです。

逆に、最高にモテない男性の行動とは、対等とは言えない年齢の違いがあるのに、対等の立場で自分の意見を若い女性にぶつけてしまうことです。

見返りを期待しない

同じ歳くらいのカップルでは、お互いを対等に扱おうとします。つまり、与えた分だけ見返りを期待してしまうのです。
しかし、女性はわがままな生き物ですので、男性が女性に対してしてあげたことを、男性が期待する形で返してくれるとは限りません。

たとえば、若い男性は性欲が強いので、セックスという形で見返りを期待します。
いくらがんばってデートを企画しても、いくら高価なプレゼントをしたとしても、
女性の気分が乗らなければセックスを拒否されることもあるでしょう。

このような時、若い男性の場合は、不満に思ってけんかになったりしますが、
年上の男性はそもそも対等だと思っていないので過度に見返りを期待したりしないのです。
(性欲が適度に抑えられているということもあります)

若い女性と出会う方法

まずは身近に探してみる

管理人の周りには、10歳ほど歳の差があるカップルがたくさんいます。
そして、そのほとんどが職場で出会ったカップルです。

30代、40代の男性は、新卒で入ってきたような若い女性と交際することを遠慮しがちですが、そのような遠慮はせずにぜひアタックしてみてください。意外にもあっさり付き合えるかもしれませんよ。

街コン・婚活パーティ・合コンは難しい

職場で出会いのない人には定番の、街コン・婚活パーティ・合コンといった出会いの場は、10歳ほど年下の女性と出会う場所としては適していないでしょう。

街コンは、20代限定や、男性も30代までといった年齢制限がされていることが多いです。

婚活パーティには、どうしても若い女性の参加は少なくなります。

合コンは、最低でも同性メンバーの歳が近くないと話が盛り上がりません。
そうなると30代、40代の男性は合コン仲間を探すこと自体難しくなってしまいます。

マッチングアプリが最適

近年、出会いの方法としてスタンダードとなりつつあるマッチングアプリは、年下女性との出会いには最適なツールでしょう。
女性は男性と違って年齢で相手を絞り込んだりしない傾向にあるので、
もしあなたが若い男性より年収が高い
車を持っている極めている趣味がある
などの強みがあるのであれば、若い女性に強くアピールすることでしょう。

筆者おすすめのマッチングアプリについて詳しくは、

を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか(^^)

若い女性が年上の男性に求める包容力とは、

  • 感情の起伏が少ない
  • 女性と対等にならない
  • 見返りを期待しない

ということでした。
このような特徴を持っていると自信のある男性の方は、
若い女性にモテる素養を持っていますので、
ぜひ若い女性にアプローチしてみましょう!

シェアする

フォローする