初めての街コンを成功させるコツ!コミュ障なあなたが街コンを制す方法

休日になっても誰との約束もなく、部屋で一人アニメ観賞やゲームで時間を潰す日々。
天気が良いからと街に散歩に出かけてみると、キラキラしたカップルの姿が目に刺さる・・・

そんな時、彼女が欲しいと思いながらも、何も行動していなかった自分に気づいたあなた。
うわさに聞いて気になっていた街コンに参加してみることにしました。

街コン当日。意外にも可愛い女の子がたくさんいる!

テンションが上がったあなただが、心の準備をしているうちに、
他の男性参加者のガツガツした態度に引いてしまい、すっかり意気消沈。

目まぐるしく進行される街コンとその参加者の熱気に圧倒され、何もできないまま終了。

数千円の参加費が水の泡と化し、自分のプライドも傷付けれられ、

「もう街コンなんてもう行くもんか!」

と心に決めてしまう・・・

こんなことでは、いつまでたっても彼女なんかできませんよね。

この記事では、街コンに初めて参加する初心者のあなたに、

勇気を出して街コンに参加してよかった!

と心から思えるようになるためのノウハウを教えちゃいます!
そのためには次のことを意識して参加しましょう。

スポンサーリンク

ステップ1.正しい目的意識をしっかりと持つ

あなたが街コンに参加する目的とは何でしょうか。
もちろん、彼女を作ることだと思います。

しかし、初心者が陥りがちな失敗に、
その場でいきなり彼女を作ろうとして空回りしてしまうことが挙げられます。

ハッキリ言います。今までろくに彼女が出来なかったあなたが、
初めて参加した街コンで、理想的な女性と遭遇し、

数十人ものライバルに競り勝ち、連絡先を交換して
初デートを取り付ける・・・なんてことは不可能です。

誰でも、初めてのことには不慣れです。

不慣れな環境において、そもそも得意ではない女性とのやり取りなど
絶対にうまくできるはずがありません。

街コンは本当に時間が少ないので、おすすめなのは何度か参加して慣れていくことです。

そこで、一回一回、自分の能力で達成できそうな小さな目的を達成していくようにするのです。

例えば、

初めての街コンでは、「フリータイムに誰でも良いので女性に話かけられるようになること。」

2回目の街コンでは、「フリータイムに気になる女性に話かけられるようになること。」

3回目の街コンでは、「フリータイムに気になる女性の連絡先をもらえるようになること。」

といった感じで小さなゴールを積み重ねていくようにするのがおすすめです。

ステップ2.可能性を広げる

街コン初心者がやりがちな間違いとして、その場で彼女候補を探すことだけに熱中し、
可能性を狭めてしまうということが挙げられます。

たとえば気になる女性がいないとわかった時点で何もせずに終了時間までぼーっとしてしまったりしてしまうのです。
せっかく高い参加費を払っているのですから、何かしらの形で「収穫」を持ち帰るようにしましょう。

ここでのポイントは、
一見なんの価値もないようなことでも、長い目で見れば大きな収穫の種となることがあるということです。
その例をご紹介しましょう。

ステップ3.コミュ力の高いブサイクと仲良くなろう

顔は少々残念でも、コミュニケーション能力が高い女性は、友達が多く行動力もあるので、
男女混合のホームパーティを開催していたり、合コンの監事をよくやっていたりするものです。

こういう女性と仲良くなっていれば、次の土日にホームパーティに誘われたり、
平日の夜に合コンのお誘いをくれたりします。

都心部では、マルチ商法の勧誘である場合もありますが、
それはそれでうまく利用できるので恐れずに仲良くなってしまいましょう。
(マルチ商法の話題はまた別記事でご紹介します)

ステップ4. 「飲み友達」を作ろう

見逃せないのが、ライバルでもあり戦友でもある同じ男性参加者です。
同じ目的を共有しているので仲良くなりやすいですし、今後も一緒に街コンや合コンに参加する友達になれます。
女性に合コンに誘われたとき、たとえ人数合わせだとしてもこういう男性なら誘いやすいですよね。

また街コンでは、男性が1人で参加するよりも、2名で参加したほうが気が楽ですし、女性の側からも安心できます。

職場の同僚と行くのも良いですが、関係が近すぎてなんだか恥ずかしいという場合にもこういう、
街コン、合コンだけの友達は都合が良かったりするものです。

ちなみに、街コンや合コンで、2人の関係は?と聞かれたら「飲み友達」でOKです。
この表現は女性側もよく使っているので、その2人もそういう仲なんだと察してあげましょう。

ステップ5.出会いの場は街コンだけではないと知ろう

実は街コンは、その場で実際に彼女を作るとしては非効率なイベントです。
なぜならば、誰でも気軽に参加できるため、かわいい子が集まりやすい反面、
ライバルとなるイケメンも数多く参加してきます。

これに加えて、街コンは開催時間がとても短く、時間勝負となってしまうために、
顔が良い、元気が良い、職業が良いなどといった第一印象だけで判断されてしまうのです。

やはりお互いを中身まで知るには、じっくりおしゃべりができる
ホームパーティや、合コンがおすすめです。

街コンはこれらにつながる友達集めの場として割り切って、
一人の女性に固執したりせず、なるべく多くの人と連絡先を交換するようにしましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたか。

コミュ障なあなたが街コンを制す方法とは・・・!
ステップ1.正しい目的意識をしっかりと持つ
ステップ2.可能性を広げる
ステップ3.コミュ力の高いブサイクと仲良くなろう
ステップ4.「飲み友達」を作ろう
ステップ5.出会いの場は街コンだけではないと知ろう

でした!

ステップ1から早速実行してみましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする